美味しい関西

関西の気になった美味しそうなレストランとかについて簡単なレポートしてます。 良かったら読んでくださいね。

フリースペース


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


意外なオリンピック効果!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070818-00000919-san-spo

意外な、オリンピック効果があったみたいですね。
もうちょっと大阪も海外の人が多くなればいいのですが。。。


五輪合宿、公害北京を回避? 英水泳チームなど大阪


 来年8月に開催される北京オリンピックの英国代表水泳チームが大会直前の合宿地に、大阪市港区の大阪プールを選んだ。理由は北京周辺の大気汚染。環境問題のほか、食の安全性など中国への不信感から欧州の代表選手を中心に“北京回避”の傾向が強くなりつつあるという。大阪市はかつて五輪誘致を狙った際に候補になった施設があり、北京とは時差もわずか。直前合宿の条件にはピッタリという皮肉な理由もある。

 英国代表水泳チームは、今月21日から千葉で開催される世界競泳に向け、10日から同市港区内の大阪プールで合宿。実は今回の合宿は来年8月の北京五輪に向けたシミュレーションという位置づけもあるという。

 「南アフリカやイタリアの代表も五輪の直前合宿地として大阪プールに関心があったと聞いている。われわれが一番先に申し入れることができたのが幸運だった。設備は申し分がないし、ホテルにも近い」。大阪プールで選手たちの練習を見守っていた英国代表コーチのフレッド・バヌーさんはこう話し、満足そうな表情をみせた。

 大阪プールは、五輪招致で北京に惨敗した「大阪五輪」の会場候補だっただけに、設備が充実しているのも魅力だ。

 北京にこれまでに3回訪れたことがあるというチームドクターのイアン・ゴードンさんも「北京では豪華な施設の建設が進んでいるが、選手の体調を考えると大気汚染は問題です。その点、大阪は食べ物や飲み物もおいしく、親切な人も多い」と話す。

 大気汚染が著しい北京での五輪開催について、これまでに選手側から懸念の声が相次いでいる。国際オリンピック委員会(IOC)も、「大気汚染が極度にひどければ、一部競技の実施を再検討することもありうる」と指摘するほどだ。

 北京での合宿回避の動きは、海外だけでなく日本代表チームの間でも広がっている。

 ソフトボールの日本代表チームは当初、北京で直前合宿を予定していたが、大気汚染などを心配して取りやめた。開幕直前まで国内で調整した後、北京入りする予定。水泳の代表選手も直前合宿を韓国の済州島で行うことを決めている。

 IOCによると、イギリスのほか欧州の2カ国が、日本での合宿地探しへの協力を要請。ソフトボールは、欧州の出場国も日本で直前合宿を開くという。

 日本の千葉(現山本)すず選手なども指導したという水泳のイギリスのリードコーチ、ブド・マカリスターさんは「飛行機に乗れば大阪から北京にはすぐに着ける。同じアジアで気候が似ていて、大気汚染も時差もほとんどない大阪は、五輪の直前合宿地としては最適。来年もぜひここで合宿させていただきたい」と話している。

スポンサーサイト
15:24 | トラックバック:0 | 未分類 |TOP



トラックバックURLは http://bimikansai.blog105.fc2.com/tb.php/25-2eaaa64c

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ブログ内検索

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。